Xperia Z UltraからXiaomi Mi Mix へ乗り換え完了! ~ズルトラ難民後継機を探し求めて~

Xperia Z UltraからXiaomi Mi Mix へ乗り換え完了! ~ズルトラ難民後継機を探し求めて~

悲劇!ズルトラ破損!!

数か月前の話ですが、長年愛用していたズルトラことXperia Z Ultraを破損させてしまい

急遽乗り換えをせざるをえない状況になりました。

落下によるタッチパネル破損で操作不能になりました。

タッチパネルが暴走し、いたるところに連打タップ(北斗百裂拳!)しまくる状態で

データをバックアップしようとUSBマウスを接続してもタッチパネルの暴走が

邪魔をし、まともな操作ができません。それでも何とか3日かけてバックアップを取ることができました。

このズルトラかれこれ4年も愛用していてかなり気に入っていたので相当ショックでした。

急に壊れる事なんて考えていなかったのとズルトラがかなり特殊な仕様で次機種の候補を決めるのに相当悩みました。特殊な仕様というのはスマホという括りではなくファブレット(スマホとタブレットの間)というもので

画面サイズは6.4インチ(16対9)FHD、防水、フルセグ、おサイフ機能、本体薄さ6.5mmと他には無い仕様で

これがドハマりして愛用していたんですが乗り換え先が見つからない状況でして、通称「ズルトラ難民」と言われているみたいです。

どうも私は極端に画面の大きい又は極端に小さい機種が好きな傾向があり、ズルトラの前はGalaxy Note初代を愛用していました。





[スポンサーリンク]




悩みに悩んで出した答えの移行先端末!それは「Mi Mix」!!

悩みぬいて決断した結果、次機種は国産スマホではなく、いわゆる中華スマホのXiaomi Mi Mixに決めました。

決定理由は画面サイズが6.4インチでズルトラとほぼ同サイズで決定的な点はauの3G(CDMA2000)回線通話に非公式ながら対応しているらしいという事でした。

私の契約キャリアはauで月額約800円と低価格で利用しており、今の最新機種は国内で販売している一部端末を除きauの3G回線に対応したSIMフリー端末は皆無(みんなLTE対応ばかり)である事から他に選択肢はありませんでした。防水、フルセグ、おサイフ機能はあきらめました・・・。

購入する為、早速ネットで探しました。個人輸入で取り寄せも考えましたが、安く手に入る分、届くまでに相当時間がかかる為、断念。

中古ですが状態が良い物が出品中だったので購入決定。2日で届きました。

今回購入することになったMi Mixはかなり尖った仕様でズルトラ同様、他機種と比較しても唯一無二な存在である為、また次機種乗り換え時には苦労しそうです。

まず本体の外観を見てください。

左が通話用に使用していたXperia acroHD、中央がズルトラ、右がMi Mixになります。

ズルトラの画面サイズとほぼ同じなのに3辺(上左右)ベゼルレスの為、かなりコンパクトになっています。淵がほぼ無い!

てか、ズルトラでけぇ!!良くこんなでかい端末4年も愛用してたと思う。

他には無いフルセラミックボディを採用しておりガラスとはまた違った感触でピッカピカ!!

背面のカメラと指紋認証の金色のリングは18Kだそうです!めちゃ高級感!!シブい!!

鏡のように反射しツヤツヤです!!他の人と同じものを持つのが嫌な私にとって非常に満足な外観です。

こいつの凄いところはこれだけではありません。

メモリ6GB、ディスク容量256GB!!パソコンか!これが2016年12月に発売されたモデルとは信じられないくらい

ハイスペックです!

さらにDualSIMなので2つのSIMを利用できるのでキャリアを通話とデータ通信分けて同時に利用できます。

(例えば通話はauでデータ通信はDocomoとか可能)

2回線同居実現!強引にau3G回線対応可能に!?その方法とは

ズルトラはあくまでネット通信専用、通話をXperia acroHDと、2個持ちで運用しており、Mi Mixに乗り換えれば2個持ちを解消できます!!

早速使用しているauのSIMを挿入したところ全く反応(電波が立たない)しません!!調べたらやはり非公式の対応である為、少し小細工が必要みたいです。

その小細工とはau 3G回線SIMは一度ガラケーであるGRATINAに機種変しSIMを割り当てさらにPRL更新をすることで初めてMi MixでSIMが利用可能になるそうです。

これを通称おまじないと言うそうで、詳しいことは分かりませんがおまじないをすることでなんか初期化されるみたいです。

au の独自仕様な設定が消えるみたいです。という事で早速中古のGRATINAをヤフオクで物色したところ、送料込みで400円で落札できました。

はい。これがおまじないに使用するGRATINAです。

auショップにGRATINAを持ち込み機種変をしに行き無事完了しました。

GRATINAを起動しPRL更新完了!!

で、GRATINAからMi MixにSIMを移動させようとしたところ、SIMのサイズが違うことに気づきました!!

Mi MixはnanoSIMなのに対しGRATINAはmicroSIMで少し大きい!??

このままでは挿入できないので調べたところSIMカッターというもので強引にmicroをnanoサイズにカットする事で対応できるとか!!

Amazonで物色したらありました!しかも送料込みで130円!!!!大丈夫か??

即日発送翌日到着とあったので迷わず購入!!!

これが130円のSIMカッターです。なんかホッチキスみたいです。

失敗は許されないので慎重にセットし思い切りバチンッ!!!切り落としてやりました。

金属端子までカットされているので相当不安でしたがMi Mixにセットしたところ通話できました!!!

おおおっすげぇ!!

非公式な対応情報は嘘ではなかった!!!感激です。

更にDualSIMの特性を活かす為、MineoのDプラン(Docomo回線)SIMを取り寄せ(月通信費3GB約900円也)し、これもMi Mixに追加でセット。

データ通信できました!!

これでau 3G回線約800円+mineo回線約900円=約1700円で通話、データ通信運用できるようになりました!!

無事移行完了!!!

ズルトラからのバックアップデータも無事移行完了し機種変完全完了です!!

長かった・・・・・。

Amazonで手帳ケース、ガラスフィルムを追加購入し装着しました。

折角の3辺ベゼルレス、フルセラミックが死んでおりますがズルトラのように落下破損が怖い為、我慢します。

ズルトラも当初は手帳ケースに入れておったんですけどボロボロになった為、外して裸運用にしていました。

これが原因でちょっとした落下で破損という悲しい結末につながったので以後は同じことを繰り返さない様気を付けたいと思います。

機種変で多少の機能妥協をしましたがそれを無視してもいいくらい快適かつ満足です!!

過去運用していた端末の一部を挙げておきます。

Galaxy Note初代

 

Xperia Z UItra

 

 

 

 






[スポンサーリンク]