ホットトイズ ウォッチメン ザ・コメディアンをレビュー

ホットトイズ ウォッチメン  ザ・コメディアンをレビュー

twitter始めました~。少しでもブログの宣伝になればと思い始めてのtwitterデビューです。instagram同様こちらにも趣味画像を投稿予定なのでよろしくお願いします。

では、本日の紹介アイテムですがホットトイズザ・コメディアンを紹介します。

このキャラは映画「ウォッチメン」に登場するスーパーヒーローの一人でオープニング早々何者かに殺されるところから始まります。ヒーロー殺しの犯人をウォッチメンのメンバーであるロールシャッハが捜査するストーリーです。

この作品の中のスーパーヒーロー達は既に引退しており過去の栄光とはかけ離れた生活を送っていたりするヒーローもいて他のヒーロー映画とはまた違う作品となっています。過去の歴史的事件や戦争の裏にスーパーヒーローが関与(J・F・ケネディはコメディアンが暗殺した)していたり

なんか、ヒーローらしくないヒーローばかりです。全体的に暗い感じでヒーロー映画なのに妙に現実的です。ウォッチメンのメンバーにDr.マンハッタンっていうのがいるんですがムキムキマッチョのパンツ一丁で全身青白く光っている。こいつが超チート状態で無敵。パワーバランスもめちゃくちゃ。

ロールシャッハに至っては覆面をした精神に異常をきたしたただのおっさん。悪役に容赦なくえげつない殺し方をしたりまったくヒーローしてませんw

何故か初めてこの映画を見てから何度も見まくるほど凄く引き付けられ大好きな一作になってしまいました。オープニングで流れるボブディラの「The Times They Are a-Changin’」が凄くマッチしていて素晴らしいの一言!歴代のスーパーヒーローの栄光から転落をスローなテンポで展開していく様はまさに曲名の通り「時代は変わる」ですね。登場するヒーロー全てに何かしら闇の部分があり苦悩する姿は他のヒーロー作品では見ることができないユーザーに媚びない作風がたまらなく好きです。よく映画化できたなと感心します。全然子供向きじゃないですねw

紹介するフィギュアは2010年発売と8年前の代物でかなり昔のアイテムです。ホットトイズによるウォッチメンのフィギュアはこれとシルクスペクター2世の2体のみで全く展開されませんでした。せめてロールシャッハだけでも発売してほしかった・・・。

ザ・コメディアンのカラーである黄色と黒のパッケージがカッコいいです。

ケネディ殺しのヒーローでアメリカをベトナム戦争の勝利に導いた立役者という設定で性格は攻撃的で悪役そのもの。

装備が充実していていじっていて楽しいです。ラバーパーツが多いので劣化が少し気になります。顔の造型と塗装も素晴らしく劇中そのまんまです。

表情も粗暴な感じが良くでていて素晴らしいの一言です。

上半身アップ。いやらしい笑みがまた良いですね~。

装備の小物も良く作りこまれています。

付属の銃を構えさせてみました。腕の関節も結構開くのでこのようなポージングも可能です。

特に違和感ないですね。

銃を構えさせてもこの表情のせいか非常に様になります。

う~んカッコいいですね~~。

特にプレミア化してはいないんですがオークションやショップでめったに見かけません。もし見かけたら即ゲットですね。

ただ、ラバーパーツが多いので状態が悪くないかチェックは必須ですね。

ザ・コメディアンでした~。

 

 






[スポンサーリンク]