【レトロフリーク】レトロゲーム最強の互換機!神機のレビュー(セーブデータ変換ツールも紹介)

【レトロフリーク】レトロゲーム最強の互換機!神機のレビュー(セーブデータ変換ツールも紹介)

私はレトロゲームが大好きです。

小学生時代、ファミリコンピュータをリアルタイムで遊んでいた世代です。前の世代のゲームウォッチは幼稚園の時に一つだけ(ザクソン)所有していました。

レトロゲームのあのドット絵を非常に慣れ親しんでいて今でもよく時間の空きがあれば年甲斐もなく夢中になって遊んでしまいます。

3D高画質ゲーム当たり前の今の世代の子供たちはファミコンのドット絵をみたらどう思うのでしょうか。非常に興味深いです。

本日はレトロゲームと呼ばれるファミコン、スーパーファミコン、PCエンジン、メガドライブ等11機種を1台にまとめた互換機

レトロフリークを紹介します。

 

サイバーガジェットより2015年に発売されました。これはそのヤマダ電機限定カラーのブラックモデルです。通常のカラーはホワイトです。

外観から見てわかる通りカセットの挿入口が天板に3つ(手前からファミコン、スーパーファミコン、メガドライブ)のスロットが確認できます。

写真ではちょっと暗くて見えづらいですが前面に左右に2つ(向かって左がPCエンジンHUカード、右がゲームボーイ(アドバンス))あります。

全部で11機種対応しています。残り5機種はというと海外版のカセットやゲームボーイカラーやPCエンジンスーパーグラフィックス等が対応しています。合わせて11機種です。

すごいですね~。ドン・キホーテとかでよく見かける互換機はせいぜい2機種(ファミコン、スーパーファミコン)対応はありますが11機種は見たことありません。

特にPCエンジンに対応した互換機は珍しいのではないでしょうか。私は発売前にレトロフリークの情報をキャッチし速攻で予約しました。

残念ながら光学メディアのゲーム(PCエンジンCDRom2、メガCD、プレステ、サターン)、アーケード系のNeoGeoは対応していません。

私がレトロフリークを速攻で予約購入を決断した理由はそれだけではありません。

ゲームデータをSDカードに保存できる機能が実装されている事が一番の理由でした。

どういう事かと言うと、一度ゲームを差し込んでプレイすると本体又はSDカードにゲームをインストールでき次からはゲームカセット無しで遊べてしまうというもの。

さらにドラクエ3とかのセーブデータもバックアップできてしまいます。これが何を意味しているか。それは、カセットは老朽化または内臓電池の劣化により遊べなくなってしまったり、思い出深いセーブデータが消えてしまう問題をインストール、バックアップにより半永久的(データを消さない限り)に楽しむことができるという事を意味します。

もう劣化や故障に悩まされる必要がなくなるんです。

他にも特徴的な仕様としてHDMI対応でありブラウン管テレビではなく最近の液晶TVモニタでプレイ可能である事と、コードフリークと言う改造コード(例えばいきなり無敵とかステータスMAX状態でスタートできる改造)を使用可能等盛りだくさんです。

このレトロフリーク、本体は裏面を見ていただければわかると思いますが実は非常に小さく、本体だと思っていたカセットスロットがある筐体は本体ではなく分離できる仕様になっています。

取り外すとこんな感じです。非常にコンパクトな為、持ち運びしやすくインストール済みのゲームであれば友人の家に持ち込んでみんなで遊ぶ事も簡単です。

本体側にSDカードスロットと電源、HDMIコネクタが実装されています。電源はACアダプタを接続します。

更にオプションとしてコントローラアダプタを増設する事で実機のコントローラを流用し使用することができます。

ミニUSBケーブルで本体と接続します。Newファミコン、スーパーファミコン、PCエンジン、メガドライブ等のコントローラを接続できます。

自分が慣れ親しんだコントローラを使用できるのは非常にうれしいですね。

これがレトロフリーク付属のコントローラです。スーパーファミコンのボタン仕様とほぼ同じで改造として外装交換することも可能だそうです。ボタンの押した感触は少し柔らかめです。

こんな感じで複数のゲームコントローラを接続できます。





[スポンサーリンク]




では、早速プレイしてみましょう。

操作画面はこんな感じでリストからインストール済みゲームを選択しオプションを選択後ゲームスタートできます。

ちなみにコードフリークはこんな感じで使用するコードにチェックを入れ有効化してからゲーム開始できます。

ゲームプレイ中にHOMEボタンを押すことで多くの機能(クイックセーブ、スクリーンショット等)を利用することができます。クイックセーブを利用することでセーブ機能がないゲームやセーブポイント以外の箇所で自由にセーブすることが出来る為、ゲームの難易度を下げて快適にクリアすることも可能です。

スーパーファミコンのストリートファイター2ターボをプレイしてみました。

あ、これはPCエンジンのスト2ダッシュですね。

非常に画面がきれいです。プロジェクターにより80インチオーバーで出力していますが非常に快適です。

セーブデータバックアップ機能を利用してドラクエ3等のセーブデータをバックアップし救済しました。小学生時代のセーブデータが消えていなかったことに驚きです。消えるまでにバックアップできて本当に良かった。

セーブデータ変換ツール紹介

因みにバックアップしたセーブデータは暗号化されているのでそのままSDカードからパソコンにコピーしても流用することはできません。

非公式ですがyyoossk様のブログにて「レトロフリーク  セーブ変換ツール」が公開されておりこれを利用することで復号し流用することが可能です。

別途吸出し用アダプタ等を用いて吸いだしたカセットのロムデータをエミュレータにてプレイする際に利用可能。

yyoosskのメモレトロフリーク  セーブ変換ツール

http://web.save-editor.com/tool/compatible_multi_retrofreak_save_converter.html

データが故障した等、当方、責任は持てませんので、あくまで個人責任でご利用ください。

理解されていると思いますがインストールしたゲームを手放すとインストールしたデータも破棄しないと違法コピーと同化になり違法です。

友人から借りたりしインストールしても同じことが言えます。データの扱いは十分注意し合法にご利用ください。

どうぞ素晴らしきレトロゲームライフをこのレトロフリークで満喫ください。ちょ~おススメです。

次は光学メディアのゲーム機の互換機が発売されることを期待します。

[関連記事]


 
 

 

 

 

 






[スポンサーリンク]