思い出のゲームウォッチ。子供の頃の記憶を頼りに探しだし購入できた件

思い出のゲームウォッチ。子供の頃の記憶を頼りに探しだし購入できた件

以前、書いた昔の写真からプラモを特定する記事に続き今回は当時の記憶からゲームウォッチを特定するネタです。

ゲームウォッチ

携帯型電子ゲーム機。電卓と同じ白黒の液晶画面で背景の上に液晶キャラクターパターンがボタン操作により表示非表示制御し単純な表示パターンが出力され、シューティング、アクション、パズル等のゲームを楽しむことができた。

 

私はファミコン黄金期(1983年~1994年)に小中高とガッツリハマった世代です。

ファミコンよりも前に流行ったゲームウォッチ(1980年~1985年)黄金期はまだ小さかった為、あまり遊んだ記憶がありませんでした。

 

今から4年前の話です。特に目的無くネットサーフィンをしていたらゲームウォッチの特集ページが検索にかかったのでそれとなく閲覧。ページの中で黒いゲームウォッチの写真を見て、特に思い入れが無いはずなのに

何故か懐かしい感じがし、そして脳裏に一瞬、sugippeがゲームウォッチで遊んでいるようなシーンが浮かび上がりました。それ程鮮明では無いもののしっかりと遊んでいた記憶が蘇ったんです。

それからその記憶が気になって仕方が無くなり当時の状況を思い出したくなりました。両親にゲームウォッチを自分に買い与えた事があるかと聞いてみましたが覚えておらず手掛かりはつかめませんでした。

それでも何とか、どんなゲームウォッチを自分が遊んでいたのか何が何でも思い出しできれば遊んでいたゲームウォッチで再び遊んでみたくなりました。

私は、少ない記憶を頼りに脳裏に蘇ったイメージから手掛かりになるような情報が無いか整理してみました。最初は中々詳細な手掛かりが記憶から出てきませんでしたがゲームウォッチの情報を見ていくうちに徐々に記憶が鮮明になって特定できそうな手掛かりとなる記憶も蘇ってきました。

 

記憶にあるゲームウォッチのイメージ

  • 黒い筐体
  • 宇宙を舞台としたシューティングゲームでかわいらしいキャラとかは出てこない
  • 奥行がある画面で自機が低空飛行できる
  • ジョイスティックらしきインターフェース
  • 折りたたみタイプのものではない
  • 電池の蓋が外れてセロテープで止めていたので太陽光発電のものではない
  • ごつい筐体ではなかった為おそらく液晶

 

上記の整理できたゲームウォッチの手掛かりを元に探してみたところ以下の候補を上げる事が出来ました。

各ゲーム機の特徴と記憶の手掛かりを照らし合わせた結果。

スターフォース STAR FORCE (エポック)

  • シューティングゲーム〇
  • 黒いボディではない×
  • 左右のレバーはあるが上下動かせない×
  • 液晶では無くLSIゲーム×
  • 電池式〇

スクランブル SCRAMBLE (トミー)

  • シューティングゲーム〇
  • 黒いボディではない×
  • UP、DOWNのレバーはあるが左右動かせない×
  • 液晶では無くLSIゲーム×
  • 電池式〇

FL MOBILE SUIT GUNDAM(バンダイ)

  • シューティングゲーム〇
  • 黒いボディではない×
  • レバー上下左右動かせるジョイスティック〇
  • 液晶では無くLSIゲーム×
  • 電池式〇

ザクソン ZAXXON(バンダイ)

  • シューティングゲーム〇
  • 黒いボディ〇
  • レバー上下左右動かせるジョイスティック〇
  • 液晶ゲーム〇
  • 電池式〇
はい。判明しました。私が子供の頃、唯一遊んでいたゲームウォッチはザクソンでした。

特徴が記憶の手掛かりとぴったり一致しました。間違いありません。1983年にバンダイから発売された液晶2画面を重ねたWパネルで1面、2面と全く違う景色のゲームを楽しむことができジョイスティックが珍しい機体です。

6歳頃に親父に買ってもらい裏蓋を紛失してもセロテープで固定し筐体に印字されたプリント文字が消えるまでボロボロ状態で壊れるまで遊んでいました。そんなに遊んでいたのに全く覚えていなかった。ちょっとショックでした。

これでもやもやが晴れ凄くすっきりしました。ザクソンの写真をみて更に記憶が鮮明になりました。

ですがこれで終わりません。ここでまたsugippeの悪い癖が出てきます。非常に欲しくなってきました。物欲がむくむくと擡げてきて抑えきれなくなりました。

当時のものなんで遊べる状態のものがどれだけ残っているか。そして非常に高価になってやしないか等、不安はありましたが早速ヤフオクで検索。

有りました!しかもおもちゃ屋のデッドストック品で新品同様!パッケージもしっかり残っている!価格は4000円即決価格。一切悩まず速攻でポチリました!!

購入し届いたものがこちらです。

パッケージ表面。値札(定価)がそのまんま残っています。こすれキズや軽い色ヤケ具合が年代を感じさせます。

バンダイのロゴも昔のものですね。バンザイマークです。このころからバンダイとセガは合作商品を販売していたんですね。

パッケージの状態も比較的良い感じで満足です。

早速開封!おおっ!!ビニール袋に入ったまま!今になって新品を開封する様な体験ができるとは・・。感激です。

おおおお!!まさしく新品!液晶に傷は無く、筐体にプリントされた印字も一切かすれていません。素晴らしい!!これはあまり乱暴に扱えませんね。丁寧に扱わなければ。

説明書の保存状態も良好です。

筐体背面。ラベルシールも全く劣化していません。まさしく新品です。

早速100均で購入したボタン電池を投入!!!

無事起動し、ゲームウォッチなんで時刻が画面上部に表示され初期設定モードになりました。早速ジョイスティックを操作して時刻設定をします。

ゲーム画面が表示されました。

うわぁ!!懐かしい!!!そうそうこれこれ!!これは1面のステージですね。敵の星を目指し迎え撃つ敵を倒していきます。

写真ではわかりづらいかもしれませんが自機が一回り小さくなっているのがわかるでしょうか。ジョイスティックをDOWNに傾けると低空飛行になり敵の玉をよけたりできます。

これは2面のステージで敵基地に乗り込んで爆撃しまくります。このステージでも低空飛行でよけながら戦闘できます。

凄く満足です。今この様な新品に出会う事ができ、定価よりも安く購入できたことに感謝です。もうこれは家宝ですね!

 

これに気を良くしまたまた物欲が増大しました。他のゲームウォッチも購入してしまいました。

MC-25 ミッキーマウス (Nintendo)

これは妻の姉が当時所有していて妻が遊んだ思い出深いゲームだそうです。機体はもうなかったのでヤフオクで購入しました。

ちょっと画面に劣化が見られますね。左右の鶏の卵を落とさない様、籠に受け止め続けるゲームです。

DK-52 ドンキーコング (Nintendo)

これは任天堂を代表するゲームドンキーコングで折りたたみ式2画面の贅沢な仕様です。

このころからファミコンのコントローラに採用された十字キーが確立されていたんですね。

これはヤフオクで購入したんですが状態を十分確認しなかったので下画面に液晶漏れがあります。

特に思い入れは無いんですが面白そうなんで購入。

悪霊の館(バンダイ)

これも折りたたみ式ですが2画面では無くソーラーパネルを装備した電池いらずの機体です。これは当時友達が所有していて遊びに行くたびに遊ばせてもらっていました。

同じバンダイなんでザクソンと同じくジョイスティックが実装されていますね。

これもWパネルで1画面でありながら背景の違う2面を楽しむことができます。

 

勢いで続けて3台も追加購入してしまいました。

ファミコンとはまた違ったレトロな感じですごく所有欲を満たしてくれます。今遊んでも結構夢中になり凄く楽しめます。

ほど良い難易度なんで気持ちよくプレイでき時間つぶしにはもってこいですね。

 

 

 
 
[関連記事]






[スポンサーリンク]